FC2ブログ
FC2ブログ

※ご注意※

こちらのブログは主にYahooオークションに出品している手描きイラストやイベント参加などの同人活動についてのブログです。
ブログ自体もアダルトカテゴリーに登録していますし、アダルト向きなイラストも多々描いておりますが、基本的にアダルトイラストと普通のイラストを分けてはいませんし、裸であるからといって記事を畳む事もしておりません。
また、男子同士の絡み絵なども時に描いていたりします。
拍手についても同様です。
よっていきなりバーンとアダルトなイラストやBLイラストが出て来る事も多々ありますが、そういったものを不快に思われる方はどうぞブラウザバックして頂くことを推奨します。
勝手かと思われるかもしれませんが、どうぞご了承頂けますと幸いです。

葵柚袈

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

Comment (-)

なんとなく耐コピック主線実験

pen_20101120230107.jpg

手持ちのマルチライナー以外に使ってるペンやインクで試してみました。
それぞれを消しゴムかけ有り(下段)と無し(上段)で(インクのみのものはペン入れにゼブラGペン使用)10分後、1時間後、1日後と試してみました。
左3つは原液使用、一番右端は原液を等倍くらいで薄めたもので、1日置いてからものになります。
ちなみに消しゴムはそれぞれ最初の段階(10分後)でかけてあります。
万年筆状のペンに関してもカートリッジから無理やりインクを抜いて薄めて使いました(笑)

実験はカラーレスブレンダーのブロードニブ(四角い方/ブラシニブよりも硬いのでインクを引っ張りやすい)で線に対して垂直方向に数回ゴシゴシやってみました。
実用的によく使う感じ(髪の毛辺りを想定)で線を入れてあります。
あ、紙は普段から使ってるアルビレオ水彩紙です。

ちなみに墨液は学生時代のものなのでめっちゃ年代モノですが、普通に売ってる墨汁よりもかなり濃い目なのが幸いしてか、特に腐ってるとかそんな感じは見受けられませんでした。
真っ黒すぎるくらい真っ黒で粘り具合(元々濃いので少しもったりしてる)も当時と変わらずですし、においも普通の墨汁の香りでイイ感じですv(笑)

copic_pen.jpg
(クリックで拡大)

・100均の万年筆(インクはセーラー製) ¥105(替インク5本入¥105)
 ダ○ソーでたまたま買ってみた万年筆タイプのペンです。
 替インクも5本入でお得だし、よく見たらセーラーってちゃんとした国産メーカーだし、何よりも昔好きでよく使ってたミリペン(廃盤)がセーラー製でした。
 線が太いので、ペン入れにはすごく使いにくいんですが、インクの性質としてはすごくいいです。
 色はかなり純粋に「黒」という発色で、アルコール耐性はカンペキですね。
 ちなみに薄めたのは量が少なすぎてペンへの付きが悪かったため線がガタガタですが、イイ感じに色が薄まって使いやすい感じになってます。
 何よりも安いし手に入れやすいと思うので、線の太さが気にならない方にとってはかなり使えるペンだと思います。
 私はカラーの主線が好きなので、使うとしたら薄めて付けペンで使うくらいでしょうが、それならわざわざこれを使うまでもないかなぁ。
 (カートリッジからインク出すの面倒だし)
 あ、あと数分置けば大丈夫ではありますが、速乾ではないので描いてすぐは線の引きずりに注意です。
 ついでに普通の水性染料インクなので耐水性は全くありません。

・墨液「玄宗」 500ml¥1470(最小サイズ200mlは¥735)
 ン~年モノの年代墨液(笑)で書道やってた頃の名残です。
 色味は墨汁らしくカーボン色のウォームブラックですね。
 こちらもアルコール耐性は抜群にいいです。
 ちなみに原液だと濃すぎて逆にペンすべりが悪いので昔から使う時は薄めて使ってましたが、等倍希釈程度では濃さがほとんど変わらないのでモノクロ原稿にも十分使えると思います。
 あと薄めて使えるので小さいのでも相当持ちます。
 乾きもそれほど悪くないし(墨汁にしてはわりと速乾)主線で漆黒が好きな人には相当オススメですね。
 100均なんかでも墨汁売ってますし比べると随分お高いように思いますが、とにかく長持ちする(ウチではほったらかしで10年以上経過でも大丈夫なので少なくとも数年は持つはず)のでコストパフォーマンスは案外いいのではないかと。
 でもどのインクでもそうですが、薄める時は必ず別容器を使用し、薄めた分はやっぱり腐りやすいのでなるべく早めに使って下さいね。
 こちらもついでに、それほど溶ける訳ではないですが耐水性能は墨汁だけにあまりないです。

・ホルベインカラーインク セピア 30ml¥452
 おなじみホルベインのカラーインクです。
 原液は久々に使ったんですが、Gペンだとインクがたくさん乗った場所が「ペカッ」とテカって段差が出来たりするんですよね。
 あと若干紙によっては特に丸ペン使用時になりやすい(紙を削るからだと思う)んですが、繊維の間にインクが染みて滲む箇所ができます。
 アルコール耐性はまずまずといったところ。
 薄めて1日置けば使えるレベルにはなりますが、私のようにガンガン色を重ねたり、実験のように線に逆らって色を塗るような使い方をする場合にはあんまりオススメできません。
 消しゴムかけはなるべくした方がいいので、表面の強くない紙にもオススメできません。
 でもわりと手に入れやすいし、お手ごろ価格なので使い方を間違えなければオススメ度は高いんじゃないかと。

・コピック ドローイングペンP ¥525(替インク2本入¥273)
 実は言うほど速乾という訳でもないらしく、1時間置いた程度では結構伸びます。
 本家サイトには「耐水性能は描画後15分程度経過してから発揮」ってあるんですが、あくまで「耐水」性能みたいで「耐アルコール」性能ではなさそうですね。
 コピックで使うには少なくとも1日置いた方が無難ですし、やっぱり消しゴムかけもやった方がいいです。
 等倍希釈では一番色の変化がありましたが、薄めたら消しゴムかけなくてもあんまり伸びてない感じなので、元のインク自体がもう少し薄くてもいいんじゃかと・・・(^^;;
 おろしたての状態ではすごく気持ちのいい描き味なんですが、ちょっとインクが減ってくるといきなりインクの出が悪くなって使いにくくなります(´・ω・`)
 (もしかしてハズレペンなだけかもしれませんが)
 本体も替インクも高いし、何よりも本体形状がイケてなくて微妙。
 カートリッジボトルからインクを無理やり出すのが大変だし(想定外使用ですからね)、やっぱり付けペン用にインクを出して欲しいなぁ・・・

・タチカワ新ペン先 スクールG セピア ¥420(替インク2本入¥210)
 え~・・・、耐アルコール性能は寧ろ本家のドローイングペンよりも断然いいです(笑)
 1時間後消しゴムかけなしでもかなり伸びなくなってるので、薄塗りの人や多少伸びても構わないセピアを使いたいセッカチさんにはうってつけかも。
 ただインクの性質の違いか、繊維のスキマににインクが染みやすい気がするので、紙によってはホルベインのように滲みやすい気がします。
 でも多少の滲みを犠牲にしても使い勝手のいいペンである事に変わりはないです。
 (一番最初に買った時はインクの出にくいハズレに当たったらしく良くないとブログでも言ってましたが(^^;;)
 線の太さで言えばちょびっとだけドローイングペンの方が細い線が引けるんですが、私の場合どうせ重ねて線を引くので、小さい絵で目元をペン入れする時だけ若干気になるかな?程度です。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

拍手する


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。